2016/03/02 電力自由化前に4割安く 電力スポット価格低迷 

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
お電話は平日9時から18時まで
0120-978-105
見積り対応件数ダントツNo.1

新電力ニュース

【新電力ニュース】2016/03/02 電力自由化前に4割安く 電力スポット価格低迷 
4月の電力小売り全面自由化を前に日本卸電力取引所の電力スポット(随時契約)価格が低迷している。2月の月間平均は1キロワット時7.7円前後と1年前に比べ4割安い。3月に入ってもほぼ同水準だ。原油安に伴い発電用の燃料コストが大幅に下がっているのを反映した。電気料金の引き下げ競争がさらに激しくなる可能性もある。

自由化で新規参入の電力小売会社は外部から、既存の電力会社は自社の発電部門などから電力を調達する必要が出てくる。調達コストの目安となるのが、日本卸電力取引所の取引価格だ。現在、取引所経由の売買シェアは2%程度。新電力のF―Power(東京・港)が法人向けにスポット価格連動の新料金体系を提示するなど電力料金指標としての注目度が高い。4月以降は売買シェア増加が見込まれる。

 2月は昼間のピーク時間(午後1~4時)でも1キロワット時平均で10円以上になったのが1営業日にとどまった。2月は例年暖房需要が盛り上がりピーク時の価格は上昇しやすい。2015年は全営業日で10円超だった。

 「燃料価格の大幅な下落が電力スポット価格に反映されている」(三菱総合研究所の芝剛史・主席研究員)。発電所の主力燃料の液化天然ガス(LNG)は2011年の東日本大震災後の高値に比べ4分の1の水準で、約6年ぶりの安値圏。

 九州電力の川内原子力発電所など原発の再稼働や太陽光発電の普及、暖冬の影響もあって電力が余剰の状態。スポット価格は東日本大震災直後に30円程度まで急騰したが、現在は震災前の水準に戻っている。

 電力小売会社の利幅は拡大している。ある新電力の担当者は「今のスポット価格の水準なら、まだ価格競争に十分耐えられる」と話す。