2017/08/10 東京電力も値下げ 関西地区の電気料金 9月より

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
お電話は平日9時から18時まで
0120-978-105
見積り対応件数ダントツNo.1

新電力ニュース

【新電力ニュース】2017/08/10 東京電力も値下げ 関西地区の電気料金 9月より
東京電力エナジーパートナー(東京電力EP/東京都港区)は、関西エリアで提供している家庭向け電気料金プラン「スタンダードA」を、9月1日から値下げすると発表した。

今回の値下げにより、関西電力(大阪府大阪市)が値下げした電気料金プラン「従量電灯A」に比べ、1カ月あたりの使用量が120kWhまでの料金が同等となり、120kWhを超える部分の料金が安くなるという。

また、値下げにあわせて、同プランに加入している顧客を対象に、蛇口・給排水配管の水漏れなど、家庭で発生した突然のトラブルに、24時間365日、専門スタッフが駆けつけて応急処置を行う「生活かけつけサービス」を9月1日から無料で提供する。

すでに同プランに加入している顧客は、自動的に9月1日の使用分から新しい料金が適用され、「生活かけつけサービス」の利用も可能になる。

9月1日以降、関西電力「従量電灯A」から東京電力EPの「スタンダードA」に変更した場合、年間の電気料金は、1カ月あたりの電気料金が8,000円(330kWh)・12,000円(465kWh)・15,000円(564kWh)のモデルケースで、それぞれ年間で約5,400円・約7,500円・約9,000円と、5%程度、得になると試算している。